« 「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(1) | トップページ | 「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(3) »

「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(2)

前回に引き続き、「両手振り体操」の効果を高めてくれる不思議な健康器具、「フォーグ」について、
開発元である
(株)コンプラウトさんへの取材などをもとにひもといていきます。

今回の取材でいろいろなことがわかりました。

ただ、取材の過程ということもあり、細部で僕自身の誤解、理解不足もあるかもしれません。
現在進行形の取材ノートという形で内容をとらえ、参考にしてくださると助かります。

まず、「フォーグ」は同社が開発した「f-グラビクス」というエネルギー活水器をもとに新たに生み出されたものですが、

この「f-グラビクス」、本当は「活水器」ではないそうです。

あまり難しい表現は避けますが、もともとは、


「電子の集積装置」


として開発されたものであるとのこと。

水の活性化にも応用できることから、商品としては「活水器」として販売されているわけで、それが「フォーグ」の開発にもつながった(同じ原理で成り立っている)……というプロセスがあるようです。


電子の集積装置。……これじたい、難しい表現ですね(笑)。


電子というのは、物質を構成する原子のもとになっている、素粒子の一つ。

陽子と中性子からなる原子核のまわりを「回っている」ものとしてとらえられています。

この世界のあらゆる生物も、この原子が結合した細胞からできています。

人間の場合、60兆個の細胞からできていると言われるので、原子の数も、原子を構成している電子の数も、まあ、相当な数になりますね。

(というより、厳密な意味では数えられるものではないのかもしれませんが)


で、そもそも電子とは何かということになりますが、
「フォーグ」の開発者・佐藤健彦氏の「師」にあたる工学博士の故・関英男先生は、インド哲学などに出てくる「プラナ」と同じものとしてとらえていたようです。

では、プラナとは……。

「プラナは気功などでも知られているが、サンスクリット語で、生命を支える宇宙エネルギーを含む微細な粒子である。……だから、老化ということは、物理的なものではなく、プラナの残少ということになる」

(関英男「腕振り運動による治療原理」より)


要するに、関先生の発言をふまえるなら、電子は生命エネルギーのカギを握っている物質であるわけです。

よって、電子の数(量?)が減れば、老化がはじまる。あるいは病気にかかりやすい体質になる。

で、この「プラナ」ですが、「気」のエネルギーとイコールでとらえられることが一般には多いようです。


気=プラナ=電子


このようにとらえると、とらえどころのない「気」も少し実体がわかりやすくなるかもしれません。
(もちろん、これは一つの仮説ですが……)

最初に「フォーグ」は、「電子の集積装置」であると書きましたね。

これは言い替えるなら、「気を集める装置」であるということ。

「フォーグ」を両手につけて手を振るとなぜ健康効果があるのか? それは、つけない場合よりも「気=電子=生命エネルギー」が集まりやすくなるから……こんな考え方が導き出せるでしょう。


もちろん、この説明だけでは、いくつか疑問が出てきます。たとえば……。


ではなぜ、「フォーグ」で電子が集まるのか?

電子が集まるとして、なぜそれが健康にいいのか?

電子を集めるということと、両手を振るということがなぜつながるのか?


僕自身、身近に
「フォーグ」を活用することで、確かにこの器具には妙なパワーがあると感じています。
それは主観で片付けられるものではなく、比較実験などをしていけばある程度誰もが感じられる類いのもののように思います。

(ハーブの鉢の下に置いておいたら成長が促進された、あるいはカップの下に置くと、水やコーヒーと味が変わった、など……)


要はその「事実」をどう解き明かしたらいいのか? そこに「気=電子=生命エネルギー」というキーワードが関係してくる。


次回は、「気=電子=生命エネルギー」と健康の関係について、もう少し踏み込んでみます。


「両手振り体操」も、このあたりの謎解きと関わってくると考えられますが、さて、どうでしょう?





【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら




|

« 「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(1) | トップページ | 「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162301/4262679

この記事へのトラックバック一覧です: 「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(2):

» その場で効果が出る「出張気功」 [一義流気功 東京近郊出張治療]
病院やその他治療法で改善されなかった方、是非ご相談ください。危険性のない施術で、貴方の身体は確実に変わります。原因不明の病気、症状、必ず原因を突き止め、的確な治療を行います。 [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 11時02分

» 一流の治療師を目指す! 経絡気功整体、無料セミナー開催! [中欧気功整体学院]
危険性が一切なく、大きな治療効果が得られる「経絡気功整体」 治療師を目指す方、是非無料体験セミナーにご参加ください。一生使える技術を、お土産に必ず一つ以上覚えてもらえます。(東京吉祥寺) [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 07時31分

« 「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(1) | トップページ | 「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(3) »