« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

船井幸雄&安保徹対談本で「両手振り体操」が紹介!

本日発売された船井幸雄さんと安保徹さんの対談本、

「医者いらず老い知らずの生き方」(徳間書店)のなかで、「両手振り体操」のことが紹介されています。

Funaiabobook








じつは、「安心」の特集の取材で8月に船井さんを取材した際、安保先生と対談された話はうかがっていました。

なんでも熱海の船井さんのご自宅に安保先生が訪ねられ、2日にわたって歓談された内容がベースになっているとのこと。

実際に手にしてみると……。

続きを読む "船井幸雄&安保徹対談本で「両手振り体操」が紹介!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(3)

前回は、「両手振り体操」の効果を高める「フォーグ」という器具が、じつは、

気の集積装置


であるというところまでお伝えしました。

「両手振り体操」の実践者であった、工学博士の故・関英男先生の見解では、

気というエネルギー(生命エネルギー)は、原子を構成する電子とイコールでとらえてもいいのではないかということ。

「フォーグ」もこの仮説のもとに開発された器具であるわけですが、

ではなぜ電子が集まることがカラダにいいのか?


という疑問も湧いてきます。これについては……。

Infoforg_1

続きを読む "「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(2)

前回に引き続き、「両手振り体操」の効果を高めてくれる不思議な健康器具、「フォーグ」について、
開発元である
(株)コンプラウトさんへの取材などをもとにひもといていきます。

今回の取材でいろいろなことがわかりました。

ただ、取材の過程ということもあり、細部で僕自身の誤解、理解不足もあるかもしれません。
現在進行形の取材ノートという形で内容をとらえ、参考にしてくださると助かります。

まず、「フォーグ」は同社が開発した「f-グラビクス」というエネルギー活水器をもとに新たに生み出されたものですが、

この「f-グラビクス」、本当は「活水器」ではないそうです。

続きを読む "「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(1)

「両手振り体操」を実践している人の間ではおなじみと言ってもいい、

その効果を大幅にアップさせる健康器具、フォーグ(写真)。

本日は、その開発元である(株)コンプラウトさんに、お話をうかがいにいってきました。

Infoforg_1







会社の所在地は神奈川県平塚市。

都内から横浜経由で東海道線に乗り……はるばるというほどではないですが、

地図を片手に会社に到着。そこでちょっとびっくりしました。

続きを読む "「両手振り体操」と「フォーグ」の不思議な関係!?(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「両手振り体操」は1分でもOK?

現在、「両手振り体操」に関連した取材をいくつか始めていますが、

各分野の専門家の方に話を伺っていくと、いくつもの「新事実」が見えてきて、なかなか興味深く感じているところ。

タイトルである「1分でもOK?」についてですが、

これは「共鳴気功」というヒーリングメソッドのエネルギーチェックでわかったもの。

「共鳴気功」についてはまだ知らない人のほうが多いと思うので、

いずれ機会を改めて紹介できればと思いますが……、

簡単に説明すると、

1分腕を振るだけでも、体の免疫力、各器官のエネルギー数値が大幅にアップすることが、独自のチェック法で確認されたのです。

続きを読む "「両手振り体操」は1分でもOK?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エッ、会社で「両手振り体操」?(2)〜「月刊船井メディア」11月号記事より

前回に引き続き、「月刊船井メディア」11月号、

「両手振り体操を大解剖!!」に掲載された、(株)トータルヘルスデザイン・近藤洋一社長インタビューもとに、

近藤社長の考える「両手振り体操」の効果について紹介していきます。

取材のときにも感じたのですが、ちょっと気になることを言っておられるからです。

続きを読む "エッ、会社で「両手振り体操」?(2)〜「月刊船井メディア」11月号記事より"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

エッ、会社で「両手振り体操」?(1)〜「月刊船井メディア」11月号記事より

現在好評発売中の「月刊船井メディア」11月号に、

「『両手振り体操』を大解剖!!」の第2回として、

会社で社員と一緒に「両手振り体操」を実践されている、

(株)トータルヘルスデザイン近藤洋一社長のインタビュー記事が掲載されました。


Funai11kondo










今回は、近藤社長への取材を通して感じたことを、いくつかお話しします。

続きを読む "エッ、会社で「両手振り体操」?(1)〜「月刊船井メディア」11月号記事より"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船井幸雄さんと「両手振り体操」(3)

経営コンサルタント・船井幸雄さんが実践されている「両手振り体操」について、今回も取材時のエピソードを交えながらお伝えします。

前回も書きましたが、船井さんは「両手振り体操」を、毎朝、30分ほど行っています。

最初は立ったまま両手を前後に振る「バージョン1」のみを行っていましたが、

最近では、両手を鳥の羽ばたきのように左右に開く「バージョン2」も併用されているようです。

バージョン1を20分(約1000回)、バージョン2を10分(約500回)というのが、毎朝の超カンタンな健康法になっているとのこと。

で、船井さんのお話を思い起こしながら、改めてこの「両手振り体操」の効果について考えてみました。

続きを読む "船井幸雄さんと「両手振り体操」(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »