« プロレスラー中西学が、「からくりTV」で「両手振り体操」……? | トップページ | 「両手振り体操」は“ラジオ体操”の進化系!〜来年に向けてのメッセージ »

「両手振り体操」のコツは、「上虚下実」にあり

最近、様々な取材をしてきたことで、「両手振り体操」のコツが自分なりにわかってきた気がしています。

詳しくは年明け以降に、いろいろな媒体にプレゼンテーションし、記事として紹介していけたらと考えていますが、

「立った姿勢で、両手を前後に振るだけ」

というシンプルなやり方に象徴されているように、コツと呼ばれるものも、ごくごくシンプルに、難しく考えすぎないことが基本。

個人的に一番心がけて欲しいのは、

「上半身の力を抜く」

ということ。

とにかく上体を弛緩させてください。

上体(上半身)が弛緩されていくということは、言い替えるなら、

「下半身に重心が移る=ハラが据わる」

ということです。武道などの世界ではこの状態を「上虚下実」と呼んでいるようですが、両手をブラブラ振りながら、この感覚が体感できるようになったらしめたもの。

世の中の大部分の人は、日頃のストレスや乱れた生活などで、これと逆、「上実下虚」とでもいうようなアンバランスな状態に陥っています。

上と下を逆転させる。

両手を力を抜いて振り続けることで……、いや、両手を振りながらとにかく脱力を心がけていくことで、この感覚がわかってきます。

効果はいろいろ指摘できますが、体感を言えば、

とにかく気持ちがいい!

教本を見なければわからないような難しい運動を、苦行僧のようにせっせと行なう必要はありません。


ただ両手を振ってください。

そうすることでいろいろなものが見えてきます。それだけのことを推奨しているのが、「両手振り体操」なのです。

 



【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

|

« プロレスラー中西学が、「からくりTV」で「両手振り体操」……? | トップページ | 「両手振り体操」は“ラジオ体操”の進化系!〜来年に向けてのメッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162301/4643327

この記事へのトラックバック一覧です: 「両手振り体操」のコツは、「上虚下実」にあり:

« プロレスラー中西学が、「からくりTV」で「両手振り体操」……? | トップページ | 「両手振り体操」は“ラジオ体操”の進化系!〜来年に向けてのメッセージ »