« 「からだにいいこと」の「両手振り体操」特集で、船井幸雄さんを取材しました! | トップページ | 「両手振り体操」をパワーアップさせる「魔法の呼吸」 »

「両手振り体操」と「東京マラソン」

先日、雨の中、「東京マラソン」が開催されていましたね。テレビでちょっと見ましたが、なんと3万人ものランナーが参加したとか。

ボランティアのスタッフなども加えたら、参加人数はもっと膨れ上がるでしょう。

ご存じのようにマラソンというのは、42.195キロを走る競技です。

競技であるわけだから、健康づくりの延長でとらえてしまったらおかしなことになります。そう、決して「体にいい」ものでないのです。

一方、42キロあまりを走破するマラソンに対して、自分のペースで一定の距離を走るのがジョギング


こちらを健康のために実践している人もいるでしょう。


走ることにはある種の爽快感があり、特にデスクワークなど狭い空間に長時間いる人にとっては、ストレスの解消も含めて何らかのプラス効果はあると思います。


ただ、走るということそのものは、人間にとって必ずしも健康的な行為ではない。このように言ったら、どう感じますか?


自然なことと言えば、歩くこと、寝ること、食べること……。


そうした日々の行為から見たら、走ることは少々「過剰」です。肉体的にも負担がかかり、少なくとも高齢者には向いていません。


近年、ウオーキングの愛好者が増えているのも、どこかでジョギングの「過剰さ」に体が抵抗を示しているからなのかもしれません。


……と、前置きが長くなってしまいましたが、ここまで書いたことは一つの考え方です。
走ることを否定しているわけでもないし、悪いと言っているわけでもありません。そして現に、(マラソンも含め)それで心身の健康を保ち、向上させている人がいるという現実もあります。


僕が言いたいのは、「両手振り体操」もまったく同じ、ということです。


この体操を始められた工学博士の故・関英男先生は、毎朝、日の出の方角に向かって、2000回とか、多い時には5000回も行なっていたと言われています。


この関先生の影響もあって、僕の印象では「両手振り体操」を少々頑張りすぎている人が多いように思うのです。


何かたくさんやらないと(少々過剰で過激でないと)効果がない。……あなたはそう思ってはいませんか?


繰り返しますが、それで「健康」を得る人もいます。関先生も80代になって急に元気になられ、視力が1.5にまでアップ、背筋のしゃんと伸びた健康的な生活を送るようになったと言われています。


でも、それはあくまで関先生が見いだしたやり方であって、それを真似したところで、あなたの体は悲鳴を上げてしまうかもしれません。


関先生の実践されていた回数があまりに多いので、「両手振り体操」の効果を10倍に高めるという「フォーグ」という器具も開発されました。


「フォーグ」を使えば、200回でも2000回やったのと同じ効果が得られる。
僕自身、「フォーグ」にはかなりのパワーがあると思っているので、原理については詳しくわかりませんが、十分あり得ることだと思っています。


でも、それ以前に理解しておかなければならないことがあるはず。


そう、「多くやれば効果がアップするわけではない」のです。


僕が様々な取材をした中で感じるのは、「1日5分で十分」ということ。
それで十二分に「気」のエネルギーは充電できます。


いたずらに長時間やるよりは、その5分をきちんと意識して実践したほうが、健康というものの本質はよりはっきりと見えてくるかもしれません。


もちろん、自分が気持ちいいと感じるならば、その気持ち良さと向き合いながら、心ゆくまでたっぷりと続けていいと思います。


でも、まずは5分、両手を振ってみませんか? そこで感じてみませんか?


……その単純な動きの中に、いろいろな“体の知恵”が詰まっています。そこがすべての始まりです。


“体の知恵”の内容ついてはこれまでもお伝えしてきましたが、今後も少しずつ、わかりやすく解説していけたらと思っています。


ともあれ、一度「両手振り体操」にトライしてみてください。
1日5分。リラックスして、上半身の力を極力抜きながら……。



【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

|

« 「からだにいいこと」の「両手振り体操」特集で、船井幸雄さんを取材しました! | トップページ | 「両手振り体操」をパワーアップさせる「魔法の呼吸」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162301/5439838

この記事へのトラックバック一覧です: 「両手振り体操」と「東京マラソン」:

« 「からだにいいこと」の「両手振り体操」特集で、船井幸雄さんを取材しました! | トップページ | 「両手振り体操」をパワーアップさせる「魔法の呼吸」 »