« 「両手振り体操」と船井幸雄さん~「はつらつ元気」取材裏話(1) | トップページ | 「両手振り体操」を特集した「はつらつ元気」6月号が発売になりました! »

「両手振り体操」と船井幸雄さん〜「はつらつ元気」取材裏話(2)

さて、前回の続きです。

「はつらつ元気」の取材で熱海の船井幸雄さんのご自宅を訪問した時のエピソードですが……。

インタビューが滞りなく終了し、「では、外で写真を撮らせてください」
そう言って向かったのが、船井さんのご自宅の庭の一角にある、杉木立のなかのスペース。

「気の達人」である船井さんに言わせると、この一帯は特に気のエネルギーの高い場所であるとか。

確かに何となく心地よい気がします……。

船井さんは、ストーンサークルのように点在するいくつかの岩を指しながら、

「特にあの岩とあの岩のうえは気が高い」

そんなふうにおっしゃいます。

「両手振り体操」の取材がある時は、必ずここの岩のうえで船井さんに実演していただくわけですが、

この日は一緒にちょっと面白い実験をしてみたのです。

「この岩を片手で触りながら、前屈してみなさい」

インタビューの際に“実験台”になった「はつらつ元気」の編集長、鈴木さんに向かって、船井さんがそうおっしゃいます。

言われるままに試してみると、ナント、何の苦もなく手が地面についてしまったのです!

びっくりして自分も同じことをやってみると、やっぱりペッタリと手がつきます。

誰がやってみても結果は同じ。

「岩を触ったことで、体に気のエネルギーが流れるようになったんですか?」

そう思って質問すると、船井さんはそうだとうなずきます。

「気のエネルギーというのは、電子のことですか? 電子が体に吸収されたことで、体が柔らかくなったんですか?」

……まあ、だいたいそんなところのようです。

もちろん、こうした気のいい場所(心地が良い場所)にいなくても、「両手振り体操」を実践すれば、気のエネルギーが集められます。

両腕を振ることで、気のエネルギーが体の中に蓄積されていくからです。

このメカニズムについては、この記事の掲載誌(「はつらつ元気」6月号)が発売されたのちにお伝えすることにしましょう。

(まあ、過去の記事の中で触れたこともあるかもしれませんが……)

【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

|

« 「両手振り体操」と船井幸雄さん~「はつらつ元気」取材裏話(1) | トップページ | 「両手振り体操」を特集した「はつらつ元気」6月号が発売になりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162301/6218459

この記事へのトラックバック一覧です: 「両手振り体操」と船井幸雄さん〜「はつらつ元気」取材裏話(2):

« 「両手振り体操」と船井幸雄さん~「はつらつ元気」取材裏話(1) | トップページ | 「両手振り体操」を特集した「はつらつ元気」6月号が発売になりました! »