« 2008年2月 | トップページ

「両手振り体操」と風水の意外な関係とは?

普段、東西南北の方角を意識して生活していますか?

最近では風水がブームになったこともあり、

「引っ越すにはこの方角」「ベッドの位置はこちら」「○○の方角に向かえば開運がある」

……こんな言葉をよく見かけます。参考にしている人も多いかもしれません。

そんなものは迷信だ。根拠がない。

いやいや、必ずしもそうは言えません。いろいろ調べていくと風水も、方位学も奥が深いのです。

もちろん、あまり神経質になりすぎるのはよくありませんが、

そこに何らかの意味を見出すことは間違いではないと思うのです。

というわけで、今回は「両手振り体操」と方位との意外な関係についてお話しします。

毎日、5〜10分程度、立った姿勢で両手を振るだけの、

誰でもできる、超簡単な健康法として知られる、「両手振り体操」

じつは朝の時間帯に東の方角に向かって行ったほうが、

よりエネルギーが得られやすいようなのです。

この方法を実践していたのは、工学博士として活躍された故・関英男先生。

以下、『船井幸雄の超若返りと健康のコツ』(グラフ社)より、関連の箇所を抜粋します。

「この体操は、朝、日の出前の自国に太陽の出る方向を向いて2000回くらい行うとベストだと関先生は、おっしゃっていおました。

早起きができる方は、太陽が地平線に昇る直前の時間に、東の方角に向かって行ってください。……」

日の出前という時間帯と、2000回という数字に、ビックリする人もいるかもしれませんが、

関先生はこのやり方を毎日実践することで、96歳で亡くなるまで、

頭脳明晰、生涯現役の元気人間であったようです。

いきなり関先生の真似はできないにしても、

「両手振り体操」を行う際に、方角(東)を意識してみるのは重要なことと言えるかもしれません。

東は太陽の昇る方角。

朝、太陽エネルギーを浴び、生命力を高めるにはもってこいの方角です。

生命力を高める一つのヒントにしてみてはどうでしょう?



【こちらも要チェック】

●「船井ビジョンクリエイツ」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

●人気サイト「おばあちゃんの知恵袋の会」でも「両手振り体操」の専用ページを開設中です!→詳しくはこちら

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ