「共鳴気功」小川素治&赤司洋子さんが語る「両手振り体操」の肩ほぐし効果!

さて、少し更新が遅くなってしまいましたが、

「両手振り体操」のちょっと興味深い健康効果について、

「共鳴気功」の小川素治&赤司洋子さんのお話を中心にお伝えしていきます。

お二人が提唱し、実践している「共鳴気功」は、気のエネルギーの調整法としては、おそらくこれまでにないくらいシンプルで、深い自己カウンセリング効果、自己治癒効果が得られる内容のもの。

まあ、簡単に言えば、人の体調、精神状態などをエネルギーとして計測し、マイナスのエネルギーを浄化させるというもので、

手を振れることもなく心身の不快症状がなくなるケースが多々あるわけですが、今回お伝えしたいのは、どちらかというと肉体面でのお話。

「共鳴気功」について興味のある方は、こちら

結論から先に言ってしまえば、

「両手振り体操」が思った以上に肩のコリをほぐしてくれるのだということ。

肩のコリというとありきたりの話に思えて、「ナーンダ!」と感じるかもしれませんが、じつはそれが大きな過ち。

現代人の多くは上半身に無用な力が入りすぎ、両肩から背中にかけてガッチリとロックされてしまっています。

上半身の脱力は全身の脱力、リラックスにつながりますが、要はその全身のリラックスを妨げている要因が、肩のコリに集約されていると言っても過言ではないのです。


小川&赤司さんによると、疲れている人や体調不良の人の肩に触れると、ほとんど場合、厚い鉄板みたいに硬直しているのだということ。

そして、ここからが注目なのですが、「両手振り体操」を毎日実践していると、この鉄板のような肩のコリがほぐれやすくなるようなのです。

この話をお二人としているとき、じつは僕はそれほど体調が良くはなかったのですが、

簡単なカウンセリングを受けながら肩をマッサージしていただくと、

「あれ、あんまり硬直はしていないね。

普通の人は壁みたいなのだけど、すだれみたいに筋肉がほぐれている」

正確には、すだれを縦にしたようにバラバラと筋肉がほぐれている。それが手で触れることでハッキリとわかるのだそうです。

もちろん体調がよく、体が完全に軽ければ、このすだれそのものがなくなり、肩から背中にかけてがものすごく柔軟になります。

「朝起きた後や就寝前などに、もっと時間をかけて『両手振り体操』をやれば、完全にほぐれると思いますよ」

恥ずかしい話、そのときの僕の体調不良の原因は、「単なる運動不足」だったようなのです。

それほど不摂生な生活をしているわけではありませんが、確かに一日中机に座っていることも多く、運動が足りなかったことは否めません。

というより、あまりに当たり前すぎて結構、盲点だったのです。

もちろん、運動不足解消に一番いいのは、時間をかけてウオーキングをしたり、仕事の中に軽度の運動を伴うものがあることでしょう。
しかし、そういう「恵まれた」状況にいる人は決して多くはないはず。

だから、「両手振り体操」なのです。ただ立ったまま、ぶらぶらと両手を振るだけでいいのです。

一応これまでも毎日やっていましたが、もう少し時間をかけて、「肩をほぐす」ということに意識を向けて続けていきたいと思いました。

具体的に言えば、1日5分程度だったのを、朝晩、できれば昼などにも、各10分程度。これくらいやれば、運動不足はかなり補えます。

やってみるとわかりますが、肩をほぐすように両手を振ると、それだけでもずいぶん運動になるからです。

特に就寝前にやるのがおすすめ。

個人的な経験でいえば、安眠をうながすのに最適です。

このあたりの僕自身の体験談、日々の体調の変化、その他の細かい「気づき」については、また改めてお伝えします。

ピンと来た人は、ぜひ試してください!




【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「月刊船井メディア」5月号で、「共鳴気功」小川素治&赤司洋子さんが登場!

前回の「はつらつ元気」に引き続き、メディア関連のお知らせです。

当プロジェクトの母体でもある、「月刊フナイメディア」5月号の連載企画「『両手振り体操』を大解剖!!」で、

「共鳴気功」の開発者・小川素治&赤司洋子さんのインタビュー記事が掲載されています。

Img247









「共鳴気功」は、気のエネルギーを活用したかなーりユニークな能力開発法。

気というと、ちょっととっつきにくい、わかりにくいという人も少なくないかもしれませんが、「共鳴気功」はそんな“常識”をあっさり飛び越えてしまう不思議なパワーがあります。

医者が見放したような病気も、独特のチェック法で快癒させてしまっている例が多数あり、自己カウンセリングとしても秀逸な一面もあり……。

詳しくはホームページのほうで確認していただくとして、

ここでは「両手振り体操」との関わりについて簡単にお伝えしておきましょう。

開発者の小川さんによると、

「両手振り体操には、短時間で体の気のエネルギー=免疫力を高める効果があります。

私が開発したテスト法でチェックすると、わずか1分でもかなりの活性度があることがわかります」

この「共鳴気功」の実験については、以前、このブログでも紹介したことがあります(→詳しくはこちら)。

では、そのチェック法とは?

じつは誰にでもできる方法なのですが……。

少々長くなってしまうので、これは次回に紹介しましょう!

興味のある方は「月刊フナイメディア」5月号を入手し、記事を確認してみてください。

【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「両手振り体操」は1分でもOK?

現在、「両手振り体操」に関連した取材をいくつか始めていますが、

各分野の専門家の方に話を伺っていくと、いくつもの「新事実」が見えてきて、なかなか興味深く感じているところ。

タイトルである「1分でもOK?」についてですが、

これは「共鳴気功」というヒーリングメソッドのエネルギーチェックでわかったもの。

「共鳴気功」についてはまだ知らない人のほうが多いと思うので、

いずれ機会を改めて紹介できればと思いますが……、

簡単に説明すると、

1分腕を振るだけでも、体の免疫力、各器官のエネルギー数値が大幅にアップすることが、独自のチェック法で確認されたのです。

続きを読む "「両手振り体操」は1分でもOK?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)