「両手振り体操」と風水の意外な関係とは?

普段、東西南北の方角を意識して生活していますか?

最近では風水がブームになったこともあり、

「引っ越すにはこの方角」「ベッドの位置はこちら」「○○の方角に向かえば開運がある」

……こんな言葉をよく見かけます。参考にしている人も多いかもしれません。

そんなものは迷信だ。根拠がない。

いやいや、必ずしもそうは言えません。いろいろ調べていくと風水も、方位学も奥が深いのです。

もちろん、あまり神経質になりすぎるのはよくありませんが、

そこに何らかの意味を見出すことは間違いではないと思うのです。

というわけで、今回は「両手振り体操」と方位との意外な関係についてお話しします。

毎日、5〜10分程度、立った姿勢で両手を振るだけの、

誰でもできる、超簡単な健康法として知られる、「両手振り体操」

じつは朝の時間帯に東の方角に向かって行ったほうが、

よりエネルギーが得られやすいようなのです。

この方法を実践していたのは、工学博士として活躍された故・関英男先生。

以下、『船井幸雄の超若返りと健康のコツ』(グラフ社)より、関連の箇所を抜粋します。

「この体操は、朝、日の出前の自国に太陽の出る方向を向いて2000回くらい行うとベストだと関先生は、おっしゃっていおました。

早起きができる方は、太陽が地平線に昇る直前の時間に、東の方角に向かって行ってください。……」

日の出前という時間帯と、2000回という数字に、ビックリする人もいるかもしれませんが、

関先生はこのやり方を毎日実践することで、96歳で亡くなるまで、

頭脳明晰、生涯現役の元気人間であったようです。

いきなり関先生の真似はできないにしても、

「両手振り体操」を行う際に、方角(東)を意識してみるのは重要なことと言えるかもしれません。

東は太陽の昇る方角。

朝、太陽エネルギーを浴び、生命力を高めるにはもってこいの方角です。

生命力を高める一つのヒントにしてみてはどうでしょう?



【こちらも要チェック】

●「船井ビジョンクリエイツ」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

●人気サイト「おばあちゃんの知恵袋の会」でも「両手振り体操」の専用ページを開設中です!→詳しくはこちら

| | コメント (15) | トラックバック (0)

「両手振り体操」で肩の力を抜き、心と体にリラックスをもたらしましょう!

「両手振り体操」、やったことがありますか?
立ったまま、ただ両手を前後に振るだけの簡単な体操ですが、
毎日5〜10分行なうだけでも、
意外なくらいの、様々な健康効果が得られます。

この効果については、このブログでもいろいろとお伝えしてきたわけですが……、
最近、特に重要だと思うのは、

両手を繰り返し振る→両肩のこわばりをとる→肩の力が抜ける

という点。

現代人の多くは、日常生活のストレスなどから肩にガッシリと力が入り、
自分自身の心と体を締めつけてしまっています。

で、肩の力を抜こう、抜こうとしても、
心がけるだけでは、なかなかうまくいきません。

とにかく動かせばいいのです。ゆっくりと、繰り返し。

そうやってほぐしていくと上体が軽くなり、その分、下半身に重心が集まっていきます。

下半身の安定は精神的な安定をもたらすうえで、欠かせないこと。

つまり、「両手振り体操」を毎日続けていくことは、心身のリラックス効果をもたらすうえでも続けていきたい運動なのです。

特にいま、朝が寒くて、体が硬くなってしまっています。
ガチガチの状態のまま仕事についてもうまくはいきません。まずゆるめてから、一日の行動を始めるべきなのです。

簡単な体操なので、ぜひ試してみてください!



【こちらも要チェック】

●「船井ビジョンクリエイツ」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

●人気サイト「おばあちゃんの知恵袋の会」でも「両手振り体操」の専用ページを開設中です!→詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「両手振り体操」と「東京マラソン」

先日、雨の中、「東京マラソン」が開催されていましたね。テレビでちょっと見ましたが、なんと3万人ものランナーが参加したとか。

ボランティアのスタッフなども加えたら、参加人数はもっと膨れ上がるでしょう。

ご存じのようにマラソンというのは、42.195キロを走る競技です。

競技であるわけだから、健康づくりの延長でとらえてしまったらおかしなことになります。そう、決して「体にいい」ものでないのです。

続きを読む "「両手振り体操」と「東京マラソン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「両手振り体操」のコツ(1)

「両手振り体操」について、僕が取材したり、調べたなかで気づいた点について、これから少しずつお伝えしていこうと思っています。


今回は、前にも少し触れましたが、
免疫学の安保徹先生(新潟大学大学院教授)を取材した中で、気づいたことを。


僕自身、
「両手振り体操」は、どちらかというと上半身を脱力して、リラックスした状態で行なうのがベストと思ってきました。


それはもちろん間違いではないというか、心がける第一ポイントなのだと思いますが、

安保先生のお話の中で、ちょっと意外なことにも気づきました。

続きを読む "「両手振り体操」のコツ(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)