「両手振り体操」と「魔法の呼吸」がドッキングした心身のいやし法とは?~船井オープンワールド2007・住吉克明さん講演より

9月29日と30日、2日間にわたって行われた「船井オープンワールド2007」、

参加された皆さんはどんな収穫があったでしょうか?

当日、僕も会場に足を運び、いくつかの講演を拝聴し、さまざまなブースを覗かせていただきました。

そんななかで、当ブログでまっさきに紹介したいのは、30日午後に行われた住吉克明さんの講演。

このブログでも何度か紹介してきましたが、住吉さんは独自に開発した「魔法の呼吸」で胃がんを克服、

いまでは「魔法の呼吸」と「両手振り体操」をドッキングさせたユニークな心身の癒し法を講演や著書などで皆さんに伝えている方です。

で、講演を拝聴した感想ですが。。。

さすが話しのプロだけあって、教員として荒れる生徒たちと向き合ってきた日々、そこで得られた「ケアする・流す」の理論、

そして胃がんの“闘病”体験を軽妙な語り口でお話になり、会場は何度も笑いの渦ができていました。

住吉さんの胃がんの克服体験については、こちらで紹介しているので、よろしかったらご一読ください。

大事なことは、バラバラになりがちな意識(心のあり方)と運動(体の動かし方)をどう関係付けるかということ。

病気になるととにかく病状が良くなることばかりを願い、意識の面で自分をどんどん追い込んでしまう傾向があります。

それではいくら運動をしても、免疫力の活性化にはつながりにくいでしょう。

ネガティブな思いをすべて吐き出して、それに対して「それでいいんだよ」という肯定の思いを吸い込む。

この「魔法の呼吸」「両手振り体操」と一緒に繰り返すことは、体質を内側から改善していく方法として、とても理にかなっているように思います。

前にもお話ししたように、当「両手振り体操」プロジェクトは、住吉さんの新日本文芸協会とも提携して、おもしろくてためになる、新しい“伝道活動”を始めていけたらと考えています。

詳細については逐一このブログで紹介していきます。お楽しみに!




【こちらも要チェック】

●「船井ビジョンクリエイツ」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

●人気サイト「おばあちゃんの知恵袋の会」でも「両手振り体操」の専用ページを開設中です!→詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「月刊フナイメディア」8月号で「両手振り体操」の“創始者”関英男先生を紹介!

「月刊フナイメディア」8月号より、おなじみの連載コーナー「『両手振り体操』を大解剖!」のお知らせです。

今回は、「両手振り体操」を日本に広めた、その意味では“創始者”と言ってもいい、工学博士の故・関英男先生についてのエピソードを紹介しました。

語り手になったのは、晩年の関先生をよく知る、(株)コンプラウトの佐藤じゅん子さん。

そう、あのフォーグを開発した会社の代表です。

手に装着するだけで「両手振り体操」の効果が10倍になるという「フォーグ」が、じつは関先生のグラビトン(重力子)理論から着想を得て、生まれたということを知っていましたか?

このブログでも何度か紹介してきましたが、今回は関先生のパーソナルな部分を(若干ですが)語っていただいています。

雑誌を入手できない方は、下記の記事をクリックしてご覧になってください!



Img275_3











【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

●人気サイト「おばあちゃんの知恵袋の会」でも「両手振り体操」の専用ページを開設中です!→詳しくはこちら

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震直後の新潟取材で、安保徹先生に伺ったこと

先の中越地震の2日後、といっても、被災地とは直接関係ない新潟市内でしたが、

新潟大学大学院に免疫学者の安保徹先生を訪ね、お忙しい中、様々なお話を伺ってきました。

今回の取材は、「両手振り体操」プロジェクトの母体である船井メディアさんのプロデュースによるもの。

詳細は追ってお伝えしますが、これまでになかったテーマの“安保先生本”が、

秋口には刊行される予定です。

まあ、僕はその執筆のお手伝いに、船井メディアのHさん、出版社の担当者ほかの皆さんと、ぞろぞろと出かけていったわけですが……。

で、「両手振り体操」についてですが、

安保先生は相変わらず朝の健康法の一環として、続けてらっしゃるようです。

以前の取材では、自律神経の調子を整えるという意味で、

「大事なものがすべて詰まっている」と絶賛されていましたが(→こちらを参照)、冗談まじりに、

「両手振り体操」だけでは、「さあやるぞ!」という感情が高まらないので、

僕は体操をした後に、思いっきり「蹴り」の練習もしているんだ!

とおっしゃっていました。

思いのほか血の気の多い(?)、情熱的な安保先生の一面がかいま見えた瞬間でした。

まあ、「両手振り体操」のあとに「蹴り」を加えるかどうかは、皆さんのご判断にお任せしますが……。笑。

しばらく更新できませんでしたが、いくつか面白い情報が入ってきています。

次は早めに更新して、お伝えしたいと思います。




【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

●人気サイト「おばあちゃんの知恵袋の会」でも「両手振り体操」の専用ページを開設中です!→詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帯津良一先生に「両手振り体操」の極意について取材してきました!

先日、「月刊フナイメディア」の取材で、埼玉県川越市に、

帯津良一先生(帯津三敬病院名誉院長)を訪ねてきました。

もちろん、「両手振り体操」の取材。

詳しくは誌面に掲載後に紹介するつもりなので、ここでは初めてお会いした帯津先生の印象などをお伝えしたいと思います。

Dsc00170s





帯津先生
と言えば、ホリスティック医療の日本におけるパイオニアであり、

気功の研究としても大家として知られる方。

東大医学部を出て、ガンの執刀医として西洋医学にどっぷり漬かってきたその世界での“エリート”が、

当時(病院開設が1982年のこと)まだうさんくさいイメージのあった東洋医学、中国医学を取り入れるというのは、

決して楽なことではなかったと思います。


でも、お会いした帯津先生は、人を包み込むような包容力のある方で、

気功を長年続けてきたからか、どっしりとハラが据わっておられました。


こうした胆力があったからこそ、パイオニアとして新たな道を開き、そこに多くの人たちが賛同し、病院という組織を牽引してこられたのか……。

そんなことを感じさせてくれる方でした。


患者さんと談笑されるシーンもチラッと拝見しましたが、本当に包み込むような優しいまなざしが印象的でしたね。

この先生ならば診てもらってもいい。……いや、診てもらわないでもいいくらい、普段から自分自身の健康を整えていきましょう(笑)。

そのために先生のやってらっしゃる気功があり(病院内で毎日のように教室が開かれています)、それをさらに簡易にした「両手振り体操」があるのだと思います。


「両手振り体操」は、ただ立った姿勢で両手を振るだけの簡単な体操です。

今日からぜひ実践してみてください!

Dsc00165s








こちらは、帯津先生の実演シーン!




【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

●人気サイト「おばあちゃんの知恵袋の会」でも「両手振り体操」の専用ページを開設中です!→詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「共鳴気功」小川素治&赤司洋子さんが語る「両手振り体操」の肩ほぐし効果!

さて、少し更新が遅くなってしまいましたが、

「両手振り体操」のちょっと興味深い健康効果について、

「共鳴気功」の小川素治&赤司洋子さんのお話を中心にお伝えしていきます。

お二人が提唱し、実践している「共鳴気功」は、気のエネルギーの調整法としては、おそらくこれまでにないくらいシンプルで、深い自己カウンセリング効果、自己治癒効果が得られる内容のもの。

まあ、簡単に言えば、人の体調、精神状態などをエネルギーとして計測し、マイナスのエネルギーを浄化させるというもので、

手を振れることもなく心身の不快症状がなくなるケースが多々あるわけですが、今回お伝えしたいのは、どちらかというと肉体面でのお話。

「共鳴気功」について興味のある方は、こちら

結論から先に言ってしまえば、

「両手振り体操」が思った以上に肩のコリをほぐしてくれるのだということ。

肩のコリというとありきたりの話に思えて、「ナーンダ!」と感じるかもしれませんが、じつはそれが大きな過ち。

現代人の多くは上半身に無用な力が入りすぎ、両肩から背中にかけてガッチリとロックされてしまっています。

上半身の脱力は全身の脱力、リラックスにつながりますが、要はその全身のリラックスを妨げている要因が、肩のコリに集約されていると言っても過言ではないのです。


小川&赤司さんによると、疲れている人や体調不良の人の肩に触れると、ほとんど場合、厚い鉄板みたいに硬直しているのだということ。

そして、ここからが注目なのですが、「両手振り体操」を毎日実践していると、この鉄板のような肩のコリがほぐれやすくなるようなのです。

この話をお二人としているとき、じつは僕はそれほど体調が良くはなかったのですが、

簡単なカウンセリングを受けながら肩をマッサージしていただくと、

「あれ、あんまり硬直はしていないね。

普通の人は壁みたいなのだけど、すだれみたいに筋肉がほぐれている」

正確には、すだれを縦にしたようにバラバラと筋肉がほぐれている。それが手で触れることでハッキリとわかるのだそうです。

もちろん体調がよく、体が完全に軽ければ、このすだれそのものがなくなり、肩から背中にかけてがものすごく柔軟になります。

「朝起きた後や就寝前などに、もっと時間をかけて『両手振り体操』をやれば、完全にほぐれると思いますよ」

恥ずかしい話、そのときの僕の体調不良の原因は、「単なる運動不足」だったようなのです。

それほど不摂生な生活をしているわけではありませんが、確かに一日中机に座っていることも多く、運動が足りなかったことは否めません。

というより、あまりに当たり前すぎて結構、盲点だったのです。

もちろん、運動不足解消に一番いいのは、時間をかけてウオーキングをしたり、仕事の中に軽度の運動を伴うものがあることでしょう。
しかし、そういう「恵まれた」状況にいる人は決して多くはないはず。

だから、「両手振り体操」なのです。ただ立ったまま、ぶらぶらと両手を振るだけでいいのです。

一応これまでも毎日やっていましたが、もう少し時間をかけて、「肩をほぐす」ということに意識を向けて続けていきたいと思いました。

具体的に言えば、1日5分程度だったのを、朝晩、できれば昼などにも、各10分程度。これくらいやれば、運動不足はかなり補えます。

やってみるとわかりますが、肩をほぐすように両手を振ると、それだけでもずいぶん運動になるからです。

特に就寝前にやるのがおすすめ。

個人的な経験でいえば、安眠をうながすのに最適です。

このあたりの僕自身の体験談、日々の体調の変化、その他の細かい「気づき」については、また改めてお伝えします。

ピンと来た人は、ぜひ試してください!




【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「両手振り体操」と船井幸雄さん〜「はつらつ元気」取材裏話(2)

さて、前回の続きです。

「はつらつ元気」の取材で熱海の船井幸雄さんのご自宅を訪問した時のエピソードですが……。

インタビューが滞りなく終了し、「では、外で写真を撮らせてください」
そう言って向かったのが、船井さんのご自宅の庭の一角にある、杉木立のなかのスペース。

「気の達人」である船井さんに言わせると、この一帯は特に気のエネルギーの高い場所であるとか。

確かに何となく心地よい気がします……。

船井さんは、ストーンサークルのように点在するいくつかの岩を指しながら、

「特にあの岩とあの岩のうえは気が高い」

そんなふうにおっしゃいます。

「両手振り体操」の取材がある時は、必ずここの岩のうえで船井さんに実演していただくわけですが、

この日は一緒にちょっと面白い実験をしてみたのです。

「この岩を片手で触りながら、前屈してみなさい」

インタビューの際に“実験台”になった「はつらつ元気」の編集長、鈴木さんに向かって、船井さんがそうおっしゃいます。

言われるままに試してみると、ナント、何の苦もなく手が地面についてしまったのです!

びっくりして自分も同じことをやってみると、やっぱりペッタリと手がつきます。

誰がやってみても結果は同じ。

「岩を触ったことで、体に気のエネルギーが流れるようになったんですか?」

そう思って質問すると、船井さんはそうだとうなずきます。

「気のエネルギーというのは、電子のことですか? 電子が体に吸収されたことで、体が柔らかくなったんですか?」

……まあ、だいたいそんなところのようです。

もちろん、こうした気のいい場所(心地が良い場所)にいなくても、「両手振り体操」を実践すれば、気のエネルギーが集められます。

両腕を振ることで、気のエネルギーが体の中に蓄積されていくからです。

このメカニズムについては、この記事の掲載誌(「はつらつ元気」6月号)が発売されたのちにお伝えすることにしましょう。

(まあ、過去の記事の中で触れたこともあるかもしれませんが……)

【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「両手振り体操」と船井幸雄さん~「はつらつ元気」取材裏話(1)

「両手振り体操」を特集した「はつらつ元気」6月号(5/2発売予定)の校了作業もいよいよ大詰め。

今回はその予告編として、先週熱海へ船井幸雄さん

の取材にうかがった際のエピソードを紹介しましょう。

取材に同行したのは、「はつらつ元気」の編集長・鈴木さんとカメラマン、

「おばあちゃんの知恵袋の会」の理事を務める高橋さんの3名。

船井さんは、「30数年ぶり」にちょっと体調を崩されたとおっしゃっていましたが、

「両手振り体操」を朝晩2回に増やしたらだいぶ回復した、とのこと。

74歳というご年齢にもかかわらず、スケジュールびっしりの毎日なので、さすがに疲れがたまっていたのかもしれませんが……。

ただ、そんな状態にもかかわらず、びっくりするお話をいくつかおうかがいできました。

そのひとつが気の話。

船井さんは誰に習ったというわけでもなく、意識しただけで気の流れを変えられる極意を身につけられたのだそうです。

たとえば……、ふっと目が合った編集長の鈴木さんに「前屈してみてください」。

体が硬めの鈴木さんは腰を深く曲げるくらいがやっと。

当然、両手は床につきません。

しかし、船井さんが「エイッ」と気を送ると、ほとんど床に手がつくくらいに腰が曲がってしまいました! これはすごい!

、「ちょっと背骨が曲がっている」と、今度は背中を何度かたたいた後、もう一度、

「エイッ!」

さらに数センチ曲がりました。

体調がベストだったら、最初の気だけで床につけることもできたそうです。

こんな実演?もまじえながら、なごやかに取材が進み……。

最後にご自宅のお庭で、「両手振り体操」の実演シーンを撮影させていただくことに。

ここでもちょっと面白いことが起きました。

この続きは次回に……。

【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「両手振り体操」の極意を発見?~健康誌「はつらつ元気」で特集!

ブログの読者の皆さんだけに早耳情報です!

健康誌「はつらつ元気」6月号(5/2発売予定)にて、

「両手振り体操」がまたまた特集されることになりました。

現在、関連記事の取材・執筆の追い込みに入っていますが、今回の特集の最大のポイントは、

「両手振り体操」の極意が伝えられそう……ということ!!

これまでもそのヒントになるようなことは、このブログでも、過去の健康誌の特集でも触れてきましたが、今回はもう少しズバッと要点がお伝えできそうです。

おそらく巻頭の船井幸雄さんのインタビューの中で触れられることになると思いますが……。

ただ立って両手を振るだけの「両手振り体操」が、世に数多ある健康法・体操と比べ、いかに際立った効果を持っているか……。

そのことを少しずつ、いろんな形でお伝えできたらと思っています。

まあ、難しいことは考えずに、毎日5分でも、10分でも、トライしてみてください。

それだけでも、見えないところから、心と体が変わっていくはずです。

なお、今回の「はつらつ元気」の取材と連動して、

相互リンクを貼らせていただいている「おばあちゃんの知恵袋の会」でも、船井幸雄さんのインタビューを予定しています。

こちらも決定次第、このブログでお伝えしていきます。

お楽しみに!!

【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「両手振り体操」をパワーアップさせる「魔法の呼吸」

先日、「両手振り体操」の取材で、かな~りおもしろい方と出会ってきました。

mixiの日記で話題の、「魔法の呼吸」の創案者・住吉克明さんです。

Dsc00060






「魔法の呼吸」とは、古今東西ある呼吸法の中でもこれ以上ないほどシンプルなものでありながら、深い癒し効果がある手法。

とにかく、その着想が面白いのです。

たとえば、「ああ、いやだなあ」というネガティブな思いが湧いてきたら、普通、その思いに流されて後ろ向きな気持ちになってしまうか、

「イカン、イカン、前向きにならねば」と自分にムチを打って無理にポジティブになるか、

そのどちらかのケースが多いのでは?

これに対して「魔法の呼吸」は、

1、「いやだなあ」というネガティブな思いを息と一緒に吐き出し、
2、「それでいいんだよ」という思いを吸い込む

たったこれだけの方法。「いやだなあ」の思いも肯定し、そう思っている自分も肯定する。だから全肯定
病気の場合も、「痛いなあ」「つらいなあ」という思いが湧いてきたら、同じようにその思いを吐き出して、「いいんだよ」という思いを吸い込む。

要は、我々が潜在的に持っている「罪悪感」が、あらゆる病気の原因を作っている。
そうした発想がこの呼吸法の原点にあるようにも感じます。

詳しくはmixiの会員になって住吉さんの日記(「夫婦の絆・オッチャン」の日記)を読むか、mixiの内容をまとめた著書をご一読ください。

でも、ここでの問題は、この「魔法の呼吸」と「両手振り体操」がどう関係があるのか? ということですね。

じつは、大アリ!なのです。

ヒントになるのは、「リズム」
「リズム」に病気を快癒させ、悪いものを浄化するパワーがある……。

言い忘れましたが、住吉さんはこの「魔法の呼吸」「両手振り体操」(正確にはそのベースになるある動き)の併用で、驚くなかれ「胃ガン」と「うつ病」を克服されています。

(詳しくは「月刊船井メディア」4月号で紹介するほか、このブログでも概要をお伝えするので、しばしお待ちを……)。

ただ立って両手を振るだけの「両手振り体操」には、それだけの不思議なパワーが秘められているということ。

いつもの繰り返しになりますが、よろしければ1日5分、この体操を続けてください。
そして、今回の内容に何かピンと来るものがあった人は、この「両手振り体操」のなかに、「魔法の呼吸」を自分なりに取り入れてみてください。

きっと何かが変わるはずです。


【こちらも要チェック】

●「船井メディア」ホームページはこちら

●「両手振り体操」プロジェクト専用サイトはこちら

●船井幸雄さんの最新情報がわかる「船井幸雄.com」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「両手振り体操」と「東京マラソン」

先日、雨の中、「東京マラソン」が開催されていましたね。テレビでちょっと見ましたが、なんと3万人ものランナーが参加したとか。

ボランティアのスタッフなども加えたら、参加人数はもっと膨れ上がるでしょう。

ご存じのようにマラソンというのは、42.195キロを走る競技です。

競技であるわけだから、健康づくりの延長でとらえてしまったらおかしなことになります。そう、決して「体にいい」ものでないのです。

続きを読む "「両手振り体操」と「東京マラソン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)